岩屋たけしのメッセージ

令和02年03月23日
「超大型の経済対策を実行してまいります。」

「コロナウィルス」の影響は世界各国においてさらに大きく広がりつつあります。これまでの日本政府の対応に対しては、様々なご批判もあると承知しています。しかし、事は目に見えない未知の敵との戦いです。どの方策が100%正解であるかはこの段階では誰にもわからない中にあって、およそ考えられ得る最善の策をスピード感をもって実行するのが政府の使命です。何卒、ご理解を賜りたいと存じます。

これまでの我が国の取り組みは、国民の皆様のご協力のお陰もあって、諸外国に比べれば相当程度に効果を発揮していると評価できるのではないかと思います。さらに最善の努力を重ね、感染拡大を最小限に抑え込むとともに、この間に生じた国民生活や国民経済への多大な負の影響を挽回するための大規模な経済対策を早急に実施していく必要があります。

今回はすべての業態にその影響が広く大きく及んでいますので、過去の緊急経済対策をはるかに上回る規模の強大な対策が必要です。目下、金融支援を中心に事業の継続、雇用の確保に最大限の努力をしているところですが、感染の状況に終息の兆しが見えてくれば、経済のⅤ字回復へ向けてあらゆる対策を果敢に実行に移していかなければなりません。

とりわけ、学校の休校や大規模集会の中止や延期、外国人の受け入れ制限などで、人、モノの移動が著しく制限されていることによって、観光関連業界は極めて甚大な影響を受けています。まさに、観光立国の基盤が崩壊しかねないほどの深刻な事態であり、しかるべき時期にこれまでにない規模の「一大観光振興キャンペーン」を実行していく必要があり、既に観光庁に強く申し入れをおこなっています。

これらの対策の策定へ向けて目下、政府与党を挙げて急ピッチで準備を進めています。「国難」とも言うべきこの時に野党の意見や提言も取り入れ、その協力を求めていくことは当然です。皆様の生活やご事業にも多くの影響が及んでいると存じますが、政府が先頭に立ち、国民の総力を結集すれば、必ずやこの困難を乗り切っていけると確信しています。一層のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

衆議院議員 岩屋 毅