岩屋たけしのメッセージ

平成28年03月29日
「平和安全法が施行されます」

DSC_6129小.JPG

本日をもって、昨年に成立をみた「平和安全法」が施行されます。それを踏まえて昨晩は国会周辺でも久々にデモがあったそうで、私もニュースでその光景を拝見したところです。

合点がいかないのは、学生さんたちが総理官邸に向かって盛んに「戦争反対!」というシュプレヒコールを繰り返していたことです。むろん、戦争に反対!というところまではこの法律を成立させた我々もまったく同じ思いですが、「平和安全法によって日本が戦争をおこなう国になる」という論法があまりに短絡的であり、また、方向違いでもあると思うからです。

ご承知のように、誠に残念なことながら、我が国周辺では力づくで他国の島や岩を奪い取り、そこを埋め立てて軍事基地化するという行為が続いているばかりでなく、我が国固有の領土に対しても執拗な挑戦が続けられています。さらに我が国近隣には、核実験とミサイル発射を繰り返しつつ、武力行使の可能性を明言する国が存在し、その上、世界各地で残虐なテロ行為が頻発するようにもなってきています。

これらの問題に適切に対応し、地域の安定と平和を維持していかなければならないというのは、決してわが国だけの課題ではなく、地域全体、ひいては国際社会全体の安定にかかわる課題でもあります。だからこそ、「平和安全法」に示された我が国の方針に対して多くの国々が高い評価を示しているという現実があるのだと思います。

また、「平安法」を容認する意見のほうが廃止を求める意見よりも上回っているという最近の世論調査の結果からも、この法律に対する国民の理解が進んできているということが申し上げられると思います。

したがって、「戦争反対」、「武力行使反対」のシュプレヒコールが、地域の平和や安定を脅かそうとしている国々や勢力に向かって発せられるのであればいざしらず、国民の生命や領土をしっかりと守り、地域の安定を確保するための努力をおこなっている我が国政府に向かって発せられるというのは、極めて的外れなことではないかという風に感じます。

いずれにせよ、既に制定されている「有事法制」と同じく、「平和安全法」も発動されることがないようにしていくことが政治の責任です。そして、それがための車の両輪が「外交力」と「抑止力」です。その両方の努力をおこなうことによってこそ、紛争の発生を未然に防ぎ、力づくによる現状変更の挑戦を斥けていくことができるのです。

「平和安全法」の目的はまさしくそこにあるのだということを、この機会にあらためて申し上げ、ご理解をいただきたいと思っているところです。